Tone & Matter

project.超福祉展

progress.
complete
year.
2015

print

  • Print
  • _I6Q6498
  • _MG_3299
  • _MG_3512
  • _MG_3847
  • _MG_3543
  • _MG_3588
  • _I6Q6674
  • _MG_3328
  • _I6Q6906
  • _MG_3466
  • _MG_3801
  • _MG_3471
  • _I6Q6922
  • _MG_3746
  • _MG_3721
  • _MG_3564
  • _MG_3481
  • _MG_3518
  • _MG_3336
  • _I6Q6693

革新的な福祉機器・福祉サービスを集めた展示会。

年に1度、渋谷ヒカリエにて行われているこのイベントは、福祉に対する既成概念を破り、誰もが思わず「カッコイイ」「カワイイ」と着けてみたくなるデザイン、健常者以上の機能を与えてくれる「ヤバイ」テクノロジー、そんな機器やサービスを通じて、福祉に新しい選択肢をつくることが目的です。

2015年11月に開催された第2回超福祉展では、渋谷のまちや宮下公園を活用した「体験イベント」、先駆的な研究者や従来の福祉の文脈では登場しないプレゼンターが語る「シンポジウム」、複数のアパレルショップの「店頭ディスプレイ」でのコラボレーションが実現するなど、渋谷だからこそ実現できる“超福祉な日常”を、3万人を超える方々に体験していただきました。

弊社代表広瀬は、主催者であるNPO法人ピープルデザイン研究所の理事を務め、会場デザインの総合的なディレクションを担っています。

SW_VI_RGB_HD

業務内容

事業企画
ペルソナ設定 / コンセプト立案
プロジェクトデザイン
プロジェクトマネジメント
チーム体制構築 建築 / インテリア ビジネスモデル
キャスティング FF&E 事業収支
運営立ち上げ V.I コスト調整
ヒト モノ カネ
  • 16788990_1201413063306403_7621322452030717952_n
  • 14736408_115543508923256_8489679953548279808_n

TOP